6段階のレバレッジ
為替差益

6段階のレバレッジ

FXの最大の魅力はレバレッジをかけることです。
ここでは6段階のレバレッジについて解説しています。
レバレッジは手持ち資金の何倍もの金額の取引ができますが、利益も損失もそれだけ膨らんでしまいます。

FXの醍醐味はレバレッジをかけて証拠金の何倍もの金額の取引ができるところにあります。
少ない資金でFXを始めてみたけど何か物足りないという人は、このレバレッジを使ってFXの取引を行うとよりダイナミックな取引が楽しめます。
レバレッジは6段階に分かれています。

例えば、20万円を持っていると10倍のレバレッジなら200万円の取引が可能になります。
そして、為替差益もそのレバレッジの10倍の金額になります。
ところが、これが為替差損になってしまうと大変です。
逆に10倍の損失に膨らんでしまうことになります。

レバレッジは制限があります。
かつては50倍とされていたこともありましたが、現在では上限が25倍までとなっています。
そのため、6段階のレバレッジが設定されています。
下から順番に1倍、5倍、10倍、15倍、20倍、25倍と6つの段階に分かれています。
5倍間隔で並んでいますので、最終的には25倍までですので、6段階のレバレッジと呼ばれています。

しかし、初心者はまだFX取引に慣れているわけではありません。
最初から10倍20倍のレバレッジをかけるのではなく、5倍などの下のところからスタートすればいいでしょう。
慣れてくればレバレッジも自由自在に変えることができるでしょう。

↓FXの儲かる秘密はこちら     ↓外国為替の仕組みについてはこちら
     

このページの先頭へ