取引

初心者向けの1000通貨単位取引

初心者向けの1000通貨単位取引の解説です。
FXは通常1万通貨単位取引になることがほとんどですが、FX業者では1000通貨単位取引でも取引が可能になっており、より敷居が低くなっています。

FXについて始める前に少し注意しておくことがあります。
それは通貨単位の話です。
FXの取引をする際には、1ドル100円という為替レートのときでも、100円で1ドルだけを買うことができません。
そんな少ない取引単位ではFXの取引をすることはできないのです。

通常のFXは1万通貨からの取引からという条件がついています。
つまり、先ほどの為替レートで考えると、1万通貨で換算すると100万円ということになります。
FXをするのにそれほどの資金が必要ないとはいえ、100万円単位のお金をいきなりFXに投入するのは、全てゼロになっても構わないお金持ちだけになってしまいます。
それともお金はないけど、これで一攫千金を狙うという人だけになってしまいます。

しかし、個人投資家が負うことのできるリスクはそんなに大きいわけではありません。
しかし、FXを取り扱っている業者では、1000通貨単位の取引ができるようになっています。
1000通貨だと10万円と100万円の10分の1になります。

これだと少しくらい失敗しても大丈夫だと思える金額です。
取り扱う金額が小さくなると損をしてもそれほど負担にならないからです。
こうして、FXも取引単位が小さくなったことで、個人投資家にもより取り組みやすいものとなったわけです。
FXが初心者でもできる理由はこちらhttp://2-l.jp/

このページの先頭へ